1トンのCO₂の削減には杉の木何本必要なの??

脱炭素社会の実現や地球温暖化防止というキーワードに毎日触れるようになりましたが、CO₂の量っていまいちわかりにくいですよね?

排出されたCO₂ 1トンを削減するには、樹齢40年ものの杉の木が約114本分必要なのです。

そんな昨今、電気代の無駄になっている部分をうまく利用して使用量を減らして電気代の節約だけでなく、CO₂排出量も削減してくれる新開発の節電ユニットがあるらしいです。 この「ecomo」(エコモ)というシステムは小型の100kVAタイプ一台でも年間22トンほどのCO₂ が削減できるすごいものだそうです。

杉の木だと2500本ほどになりますね。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 【鹿沼市】畑と暮らしをつなぐパン「一本杉農園」

  2. 単価7倍!“一口タマネギ”の新栽培法を発表【佐賀県】

  3. 『ボイス2』で存在感を示す中川大輔が愛するラジオと建築を語る!

  4. 女子アナ宮崎宣子の「ドツボ脱出」彼がなかなか病院に行ってくれない

  5. 今どきの防災グッズ  1人用テント、車中泊用グッズ、握らないおにぎり【福井】 

  6. もち食文化継承へ  園児たちが稲刈りを体験 <岩手・一関市>

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA