1トンのCO₂の削減には杉の木何本必要なの??

脱炭素社会の実現や地球温暖化防止というキーワードに毎日触れるようになりましたが、CO₂の量っていまいちわかりにくいですよね?

排出されたCO₂ 1トンを削減するには、樹齢40年ものの杉の木が約114本分必要なのです。

そんな昨今、電気代の無駄になっている部分をうまく利用して使用量を減らして電気代の節約だけでなく、CO₂排出量も削減してくれる新開発の節電ユニットがあるらしいです。 この「ecomo」(エコモ)というシステムは小型の100kVAタイプ一台でも年間22トンほどのCO₂ が削減できるすごいものだそうです。

杉の木だと2500本ほどになりますね。

  • コメント: 0

関連記事

  1. エアコン設定、オススメは「28度」ではない? “家電王”に聞く、省エネな使い方

  2. アパートで火災、1部屋全焼 岐阜市、けが人なし

  3. 『さんかく窓の外側は夜』アニメ化決定!島崎信長&羽多野渉が出演

  4. 「すごく異様…本当に人と会わない」コロナ感染者が記録した宿泊療養施設の6日 利用率僅か3割のワケは

  5. 人気YouTuber・あやなん、東海オンエア・しばゆーとの“別居理由”を告白も「自分勝手」「不倫疑惑が響いてる?」の声

  6. フリー転身“女子アナ”たちの今! 高島彩、中野美奈子、平井理央…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA